​株式会社 Dreams

​どんな会社?

Dreamsは、「みんなの夢を乗せていける会社」というビジョンを掲げています。

Dreamsのミライに、スタッフ一人一人の夢を重ねていける、夢を描き、夢に近づき、働く姿で子ども達に夢を魅せる、心からの笑顔の溢れる、「本物」の会社を目指しています。

​元気で明るい個性溢れるスタッフが働いています!

ホームページ

https://popcorn-papa.com/company.html

​実習生が取り組む仕事内容は?

・製造 

・パッキング

・材料を計る など

​一人一人をみて、どういう仕事をしてもらうか、相談しながら決めていきます。

​職場環境と仕事内容の様子
パッキング
パッキング
press to zoom
閉じ作業
閉じ作業
press to zoom
商品封入②
商品封入②
press to zoom
商品封入①
商品封入①
press to zoom
パッキング
パッキング
press to zoom
計量作業③
計量作業③
press to zoom
計量作業①
計量作業①
press to zoom
計量作業②
計量作業②
press to zoom
​実習受入する内容は?

1:受入している 2:今はしていないが今後してみたい 3:今後も予定なし

職場体験のみの実習

雇用を前提とした実習

実習を通してマッチングすれば雇用も検討する実習

​施設外実習として、工賃を支払う実習

​1
​1
​1
2
​企業インタビュー
株式会社Dreams 代表取締役 宮平 崇 
​インタビュアー:中村 優

----------------------障がい者雇用や障がい者の実習受入をしようと思ったのは何故ですか?

 

障害者雇用には以前から興味があったのと「やっていきたい・・・やらなアカンなぁ」って思っていたのと、やっている(障がい者雇用)ところが素敵やなと思っていました。けど、何もしていない自分がいて、そんな自分がかっこ悪いな~って。

やり方が分からないし・・・そこで支援員と繋がりがあったのがきっかけです。そこからです。受入してみたら、特に困ったこともなく発狂するわけでもなかったんで(笑)でもそういったイメージだったんです。だから思ったより出来るなって思いました。そこから何名も受け入れて、支援学校さんを紹介してもらって支援学校からの実習も受け入れしています。みんな(職員)も大変になるやろうなと思ったけど、皆がやってくれてるんで今では普通に受け入れ出来ています。

施設外就労も受け入れてしています。

 

 

-----------------------実習を受入して良かった点、苦労した点、職場に変化があった点について

 

 

 

 

 

 

 

 

一番よかったのは、壁が高かった(障がい者雇用)意識が変わったことですね。違う世界で住んでいると思ったけど、今は一緒に働いているから、その意識の変化がめちゃくちゃ大きいですね!彼らは、別世界で生きている人とかでもなく、一緒に生活しているんだと思えたことが大きいですね。

スタッフからは始めは、受入する際に「こんな忙しいのに何で受入するんですか?」と聞かれていました。それについて僕も上手く説明できなったから「俺が好きからやるで」って感じで進めました。(笑)でもそんなスタッフは今では休日に障がい者と一緒にでかけるヘルパーをしたりするようになったんです。

 

 

-----------------------現在の課題はありますか?

 

ん~僕は分からないですね。現場のスタッフならあるかもしれないですね。

(大変だと思うことはあるみたいですが、宮平社長は、それを課題と思わず仕事をこなしていることに、とても感銘をうけました。)

 

 

------------------------福祉側に求めることはありますか?

 

来られる方はみんなよくやってくれるから・・・これも特にないですね。

 

ただ企業、福祉、教育機関が揃う場所は大事ですね!!

------------------------障がい者雇用を検討している企業に何か伝える事はありますか?

 

企業は、障害者雇用ってすぐに雇わないといけないんじゃないかって思ってしまうんですよ。

実習だけでも良いことなんて企業は知らないんです。

福祉は雇用を進められると思うけど、企業にもっと週に1~3回の2~3時間程度を受け入れするだけでも良いってわかれば、受入する企業って絶対あるんですよ。

例えば、その実習生も初めは緊張して挨拶もできなくても、1週間後に笑顔で挨拶が出来れば、企業は「次も来るか!?」ってなると思うんです。

実習の受け入れで費用がかかるのか?など心配ごとが先に考えてしまうんですよね。そうじゃない事を福祉側から伝えたら受入する企業もあると思います。

福祉が思っているハードルと企業のハードルの差がかなりあって、情報のギャップがあるんだと思います。

1回きてもらったらハードルもかなり下がるんです。3時間程度なら現場の人も「何とかなるか。」ってなるんです。

 

 

--------------------------福祉からの支援に対する提案が増えてくると企業側として大変になる?

 

あまり細かいことを企業に言わない方が良いと思うんですが・・・

逆に細かいことを言ってほしいと話してくる企業はややこしくなるでしょ!?(笑)

場合によると思うんですけどね。重度の方で聞かないと、どうしても受入が難しい場合は違ってくると思いますが。

--------------------------ありがとうございます。

​実習の詳細

見  学 : 本人だけなく、支援員も同行見学
 
実習期間 :相談して決定
実習時間 :相談して決定
必要書類 :​本人のプロフィール表
保険加入 :保険などは必要なし
持  物 :メモ帳、ボールペン、ドリンク
昼  食 :持参(買い出し、外出可)
巡回の頻度 :1~2回まで